【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

涙袋とは・・・
涙袋は目の下にある眼輪筋と呼ばれる部分の膨らみです。
笑顔になると、この眼輪筋に力が入るため膨らみが目立ちます。
そのため涙袋があると表情が明るく、生き生きとした印象になるんです。

 

加齢により、筋肉が弱くなって目元の立体感が無くなると老けた印象になってしまいます。

 

そんな方でも、涙袋を作ることで若々しい目元になれますよ。

 

整形と言っても日帰りでできる注射1本だけのプチ整形も人気になっています。

 

 

この記事では、涙袋を作れる整形の種類や注意点等をまとめています。

 

涙袋の整形をご検討中の方は是非参考にしてみてください。

 

涙袋整形の種類

涙袋整形は2種類に分かれます。

  • 注射だけでできるプチ整形
  • 切開して施術する外科手術

 

プチ整形はダウンタイムが少なく手軽にできるため、圧倒的にこちらの方が人気です。

 

まずはプチ整形の種類を3つ紹介します。

 

ヒアルロン酸注入

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選
出典:湘南美容クリニック

 

下まぶたにヒアルロン酸を注入することで涙袋を作ります。

 

施術時間も10分程度ととても短く、ダウンタイムもありませんし施術後もメイクや入浴など普段と変わりなくできます。

 

針は極細のものを使うので痛みはあまり感じませんが、痛みが心配な方には塗るタイプの麻酔をしてもらえます。

 

 

ただし、ヒアルロン酸は時間が経つと身体に吸収されてしまうので、効果は永久的なものではありません。

 

持続させるためには定期的な注射が必要です。

 

もし、仕上がりが気に入らなかった場合は「しばらくすると元に戻る」「やり直しができる」のはある意味メリットともいえますね。

 

溶解注射でヒアルロン酸を分解すればやり直しも可能です。

 

 

 

脂肪注入

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選
出典:湘南美容クリニック

 

自分のお腹などから脂肪を採ってきて、まぶたの下に注入します。

 

ヒアルロン酸のように無くなってしまうことがないので何度も施術する必要がありません。

 

ただし、注入した脂肪のすべて残るわけではないので仕上がりが予想しづらく、凸凹ができやすいというリスクもあります。

 

ヒアルロン酸に比べ、注入には高い技術力が必要なため、実績が多いクリニックが安心ですね。

 

 

 

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選
出典:福田越エイジング治療専門ブログ(THE CLINIC)

 

脂肪注入と同じく、自分の脂肪を注入するものです。

 

違いは採取した脂肪から不純物などを取り除き、良質で小さな脂肪と脂肪肝細胞だけを使うことです。

 

なめらかな脂肪のみを使うので細い針で注入でき、太い針に比べて腫れや内出血が抑えられるため、ダウンタイムが短くなるというメリットがあります。

 

脂肪注入で起きやすい凸凹なども少なく、自然な膨らみを作れるのが特徴です。

 

 

 

外科手術

下まつ毛の下を切開し、眼輪筋を引っ張り上げることで涙袋の膨らみを作る手術です。

 

顔にメスを入れる必要があり、医師の技術力も問われます。

 

涙袋の大きさや形の微調整はとても難しいと言われ、成功すればたった一度で一生モノを手に入れられますが、簡単にお試しというわけにはいきませんね。

 

 

横浜で涙袋整形が人気のクリニックランキング

湘南美容クリニック

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

ヒアルロン酸は3種類から選べ、料金も他クリニックより安いのでおすすめです。

 

できるだけ腫れを抑えたい人には、内出血しづらいマイクロカニューレという細い針を選ぶこともできます(+8,100円)

 

横浜には2院ありますので、混雑も気になりませんね。

 

涙袋整形の料金(税込)

 

ヒアルロン酸

0.3cc 18,000円〜
1cc 38,470円〜

 

「わかりやすい説明で、最善の方法を提案してもらえました。」

 

湘南美容クリニック 横浜院の詳細

 

横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
【電話番号】0120-548-998
【アクセス】JR横浜駅西口から徒歩5分
【診療時間】10:00〜19:00

 

診療時間:10〜19時
アクセス:JR横浜駅西口 徒歩5分

 

 

 

湘南美容クリニック 横浜東口院の詳細

 

横浜市西区高島2-19-12 横浜スカイビル16F
【電話番号】0120-955-799
【アクセス】JR横浜駅から徒歩3分
【診療時間】9:00〜18:00

 

 

 

 

 

 

品川美容外科

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

全国展開している品川美容外科も料金が安いので涙袋を手軽に試せますね。

 

当日入会できるBMC会員になれば、さらに20%OFFでほぼすべてのメニューが利用できるのも見逃せません。

 

ヒアルロン酸 片側 41,660円〜

 

「丁寧な対応で気持ちよかったです。」
「手術の必要性をきちんと説明してもらえたので納得して受けられました。」

 

品川美容外科 横浜院の詳細

 

横浜市西区高島2-13-12 崎陽軒ビル ヨコハマジャスト3号館7F
【電話番号】0120-449-700
【アクセス】JR横浜駅東口から徒歩約2分
【診療時間】10:00〜20:00

 

 

 

 

 

 

聖心美容クリニック

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

1ヵ月以内なら再注入1回分が無料になる後日追加注入プランがあります。

 

あまり最初から欲張って多くのヒアルロン酸を入れずに、少しずつ様子を見ながら追加していくなら聖心美容クリニックは使いやすいですね。

 

ラインの友達追加でモニター情報を受け取ったり、来院予約もできます。

 

ヒアルロン酸

1cc 65,000円〜
追加1cc 30,000円〜

 

「カウンセリングが他院よりも長く、きちんと説明してもらえました。」
「細かなところまでこだわって手術をしてくれたので、とても満足です。」

 

聖心美容クリニック 横浜院の詳細

 

横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F
【電話番号】0120-911-935
【アクセス】横浜駅西口(北口)から徒歩5分
【診療時間】10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

ガーデンクリニック

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

ハイレベルの技術と豊富な経験を持った医師が、患者さんの安全を一番に考え、施術してくれます。

 

術後の定期健診など、アフターケアもしっかりしてくれるので安心です。

 

ヒアルロン酸 100,000円
マイクロCRF 550,000円

 

「カウンセリングをしっかりしていたので、当日はリラックスして施術を受けられました。」
「術後のチェックも丁寧にしてもらえます。」

 

横浜ガーデンクリニックの詳細

 

横浜市西区北幸2-10-40 横浜TYビル 3F
【電話番号】0800-813-9290
【アクセス】横浜駅から徒歩7分

 

 

 

 

 

 

横浜中央クリニック

【2018年最新】横浜で涙袋整形がおすすめの美容外科&美容皮膚科5選

 

安心の中央クリニックグループで、開院以来25年以上の実績がある美容外科です。

 

女性皮膚科専門のドクターによる「メスを使わない美容皮膚科」も人気で、お肌の悩みも是非相談してみましょう。

 

ヒアルロン酸

50,000円

 

「先生がとても親身になって悩みを聞いていただけるので、なんでもお任せできるクリニックでした。」

 

横浜中央クリニックの詳細

 

横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
【電話番号】0120-072-545
【アクセス】横浜駅西口より徒歩4分

 

涙袋整形の料金

ヒアルロン酸注入の料金について

ヒアルロン酸注入の料金は一般的に1ccにつき50,000円〜20万円程度です。

 

あまり多く入れすぎると不自然になるので、控えめにするなら片目で0.1ccが目安となります。

 

両目でも0.5ccあれば十分なレベルです。

 

 

クリニックによっては、余った分は半年間は冷所保存をして、次の施術の時に再利用してくれるところもあります。

 

この場合、2回目の料金はヒアルロン酸の料金は必要ないのでそれだけ安く受けられるわけです。

 

クリニックによっては0.1ccや0.3ccで料金設定がありますので、控えめ希望の方は選ぶ際の参考にしてください。

 

 

脂肪注入やマイクロCRF

脂肪注入やマイクロCRFでは、まず注入するための脂肪を採取しなくてはいけません。

 

採取と注入それぞれに料金が発生しますので、その分高額です。

 

 

採取料金と注入料金を別にしているクリニックと、両方を合わせた料金を載せているクリニックがあり、総額で20万〜40万円が相場です。

 

(当サイトで紹介したガーデンクリニックは採取も含めた料金で表示しています)

ヒアルロン酸注入の失敗例

ヒアルロン酸注入したけど変化がない

注入するヒアルロン酸の量が少ないと変化がわかりづらいことがあります。

 

初めての方には様子を見ながら少しずつ注入するようにアドバイスされると思いますが、これは一度にたくさん入れ過ぎて涙袋が大きくなりすぎるのを防ぐためです。

 

どの程度の大きさになりたいのか、カウンセリングの時に理想の涙袋の目安がわかるように、雑誌などの写真を持参するのもいいでしょう。

 

涙袋が不自然に大きくなった

人によって「丁度いい」「似合う」涙袋の大きさは違います。

 

顔のイメージに合わせてアドバイスをくれる医師でないと、「思っていたのより大きい(または小さい)」といった事も当然あり得ます。

 

 

中には、患者さんに鏡を見てもらいながらヒアルロン酸を注入していくクリニックもあるようです。

 

「鏡で確認しながら注入をしてほしい」と言ってみて、快く引き受けてくれるところなら安心して任せられますね。

 

何より事前にしっかりカウンセリングしてくれるクリニックを選びましょう。

 

 

ヒアルロン酸は時間が経つと身体に吸収されて無くなってしまいますが、涙袋に入れたヒアルロン酸は他の部位に比べて長持ちすると言われています。

 

十分にヒアルロン酸が残っているのに「小さくなった」と感じて再注入すると、不自然に大きくなってしまう事もあるので注意しましょう。

 

毎日自分の顔を見ていると感覚が麻痺してしまうこともあります。

 

「小さくなった!」と感じたら、まず周囲の人に意見を聞いてみましょう。

 

涙袋ではなくたるみのように見える

涙袋の下には「目袋」と呼ばれる部分があります。

 

目袋は目の下にある脂肪が目玉に押し出されて前に突き出した状態のものです。

 

ここが膨らんでいる人はヒアルロン酸を注入すると、目袋と合体して大きなたるみになります。

 

 

親切な医師ならば、ヒアルロン酸注入をしても上手く涙袋は作れないと教えてくれるでしょう。

 

こんなケースでは、どうしても涙袋を作りたいのであれば、この脂肪を取り除く手術をする必要があります

 

すぐに涙袋が無くなった

ヒアルロン酸には種類がたくさんあり、粘度の高さ、粒子の大きさなどで硬さが違います。

 

注入しやすい軟らかいヒアルロン酸を使っていると、長持ちせずにすぐに無くなってしまうこともあるでしょう。

 

ほとんどのクリニックでは複数の種類のヒアルロン酸を選べますので、費用と持続時間の兼ね合いで選ぶのがいいですね。

 

page top